通信関連の無線LANを自宅に設置する

通信関連での無線LANを自宅に設置するときは、新しい規格であるメッシュネットワークが推奨されています。

広い家の中に快適なインターネットがあると便利に生活することができます。自宅での無線LANは通信関連において、中継機は中継機に届く電波をそのまま遠くに飛ばす仕組みですがそれには限度があります。中継機までの経路も一本しかないので不便を感じることもあります。通信関連の無線LANのメッシュネットワークでは、設置しているルーターが相互に動いて網目のような電波を飛ばしています。

それぞれに接続している経路も複数あるので、もっと通信速度が向上します。この仕組みを理解することは素人では少し大変ですが、中継機に対してのメリットやデメリットを考えながら選択していきます。メッシュ対応製品が推奨されている理由として、自宅の広いユーザーがそれにあたります。

無線LANの親機から離れている位置にテレビなどを配置し動画配信サービスなどを見たり、ゲームをするためには高速インターネットが必要になります。ワンルーム・1LDKなどは小さなものを選ばず、2階建や3LDK向けのものを選択するとストレスなく使うことができます。

それらは6000円ほどしますが、小さいものを購入して電波が届かないよりは確実に良いです。安いものではワンルーム向けで3000円くらいのものが買えます。部屋の隅の方においてしまうと、電波が届かないポイントができる可能性もありますしベランダでは使えないこともあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *