人気の無線LANは通信関連の中でも容量に限界がある

一般的に、世界中で人気のWifiは通信関連の中でも通信容量に限界が存在するサービスとして有名です。

例えば、無線LANではなく有線回線を利用する時にはデータを無制限に利用することができますので、比較的重い容量のゲームや動画であっても気軽に見ることができます。インターネット上で提供されているデータには容量がありますので、そういった大規模なサービスを利用する時には、通常はどの程度の容量を必要になるのかということを確認しながら利用しなくてはいけないわけです。

無線LANの場合は、特にこういった容量に神経質になっていますので自分が現在どの程度の容量を使っているのかということを確認しておく必要があるわけです。通信関連ではこういった容量に関する気遣いは必ず必要になります。なぜかと言うと、必要な容量をオーバーしてしまうと通信速度が非常に遅くなってしまうからです。特に、無線LANではこの傾向が顕著で、人気のあるサービスでも変わりありません。

通常、パソコンなどのデスクトップ型のサービスなどを利用する時には無線の場合10GBを最低限の容量として設定してます。当然ですが、この容量は通信関連のサービスの中でも非常に低い容量になっていますので1ヵ月間インターネット上の人気の動画などを見続けてしまうとする容量オーバーになってしまいます。そうならないようにするためにも、契約をするときに無制限の容量を利用することができるように考えておかなくてはいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *